アカリアップを買う前に独創的な使い方のコツを確認しておこう!

アカリアップを買う前に独創的な使い方のコツを確認しておこう!

アカリアップは、従来の育毛剤とはちょっと違う使い方をすることで効果をさらに高められます。

アカリアップの購入を検討されている方、
特に…
・薄毛だけじゃなく臭いも気になる
・若い女性からの視線が痛い
・頭皮のベタつき・テカリも悩みのタネ
という方はぜひ読んでください。

アカリアップ
育毛剤なんて既に星の数ほど発売されていますが、本当にいい商品は多くありません。
アカリアップは、幹細胞エキスを用いた育毛促進はもちろんですが、頭皮の過酸化脂質を除去して「頭皮の臭い」を除去する効果にも優れています。

男性用育毛剤のイメージキャラクターは、普通男性のタレントがするものですが、アカリアップのイメージキャラクターは元AKBの須田亜香里さん。
若い女性から忌み嫌われる「おじさん特有の頭皮の臭い」も同時ケアして、女の子から好かれるイケてるオジサンになれる育毛剤として開発されています。

このアカリアップの効果と、使い方のポイントを紹介します!

アカリアップは頭皮環境を整えて育毛を促す

アカリアップは、幹細胞エキスなどの成長促進成分の他に、頭皮環境を整えて育毛を促す成分も多く配合されています。

アカリアップ全成分

アカリアップ 全成分

「頭皮環境を整える」とは、具体的に言うと頭皮の過酸化脂質を除去し、肌に潤いを与えるという事です。
アカリアップは、頭皮の過酸化脂質を除去するための植物油など天然の洗浄成分が配合されています。

アカリアップの効果を理解するためにまず、過酸化脂質というものについて知っておきましょう。

過酸化脂質はシャンプーでは落とせない

頭皮の汚れと言えば、外部から付着するホコリやシャンプーの流し残し、そして自分で分泌する皮脂の2つがあります。

このうち、外部から付着したホコリなどの汚れは、所詮髪の毛に絡まっているだけですのでシャワーだけでもほとんど落ちます。
問題は皮脂です。
皮脂とは油です。油は水を弾きますから、シャワーでは無力です。
しかも、分泌されたばかりの皮脂ならまだ良いですが、分泌から48時間ほど経つと皮脂の酸化が進み「過酸化脂質」となります。

この過酸化脂質は、毛穴にベッタリとこびりつくためシャンプーでもなかなか落とせません。
過酸化脂質は、毛穴に詰まるどころかどんどん毛穴の中に逆流していく性質があるため、毛穴を完全に塞いでしまい、新しい毛が生えてくるのを妨げます。
既存の髪の毛の成長を妨げるため、育毛のためには最優先で対処しなければいけない問題です。

実は、これまでの育毛剤は「髪に必要な栄養」はたくさん配合していても、この過酸化脂質を除去できないために栄養が髪に届いていないケースも多かったのです。
過酸化脂質

毛穴に詰まった過酸化脂質

強力過ぎる洗浄は頭皮を痛める

過酸化脂質は毛穴にべったりこびりつくため、普通のシャンプーでもなかなか落ちません。
市販のシャンプーの中には、過酸化脂質を落とすためにラウリル硫酸系の強力な洗浄剤を使っているものもあります。

これなら確かに過酸化脂質を落とせますが、洗浄力が強すぎて逆に頭皮を痛めてしまい、育毛には逆効果になることもあります。

また、育毛剤の中にも過酸化脂質の壁を溶かすために強力なアルコール成分が入っているものもあります。
過酸化脂質は油ですから、同じく油を用いて溶かすことで育毛成分を浸透させるわけです。

頭皮に付けた時に「スーーーッ」という爽快感が強いものは、強力なアルコールが入っています。
この強力な揮発力を持ったアルコールも、頭皮の潤いを奪いすぎてしまい、逆効果になる場合もあります。

男性の薄毛

アカリアップは天然成分で過酸化脂質を浮かせる

過酸化脂質を落とすための強すぎる洗浄剤やアルコールは頭皮を痛めて育毛には逆効果になります。
アカリアップは、肌に優しい天然の植物オイルを利用して、過酸化脂質を浮かせる育毛剤兼洗浄剤なのです。

アカリアップの使い方
アカリアップの使い方としては、まずシャンプーをするまえにシャワーだけでホコリをあらかた落とします。
その後、タオルで水気を拭き取ったら、アカリアップを7プッシュほど頭皮全体にまわして、指先で頭皮をマッサージするように馴染ませていきます。

この作業によって、毛穴にこびりついた過酸化脂質を植物オイルで中和して浮かせていくのです。
薄毛が特に気になる部位、テカリや臭いが気になる部位には重点的に馴染ませてください。
アカリアップを頭皮全体に馴染ませたら、そのまま1~2分放置します。

蒸しタオルで効果アップお風呂場でシャンプーするのであれば、アカリアップを馴染ませてからさらに、お湯で濡らしたタオルをよく絞って、頭を覆うように巻いてください。
この蒸しタオルによって頭皮の毛穴が開き、毛穴の奥の汚れも浮かせて、育毛成分を浸透させるのに役立ちます。

その後、ノンシリコンでアミノ酸系の肌に優しいシャンプーを使い、全体をよく泡立てながら洗い流していきます。

アミノ酸系シャンプーは洗浄力が弱いという向きもありますが、事前にアカリアップで過酸化脂質を浮かせているので問題なく落ちます。
洗浄力が弱い事は、肌に優しい事にもなるので完璧な組み合わせです。

アカリアップの過酸化脂質を落とす効果については、公式チャンネルの動画でわかりやすく紹介されています。

アカリアップのシャンプー前ケアは週に1回で十分

アカリアップは、本来はシャンプー後の清潔な頭皮に使用する育毛剤です。
過酸化脂質をしっかり落とすための「シャンプー前ケア」は、週に1回程度で十分です。

アカリアップの1日分の使用目安は15プッシュとされているので、通常時は入浴後に15プッシュ。
週に1回シャンプー前ケアをするときは、シャンプー前に7プッシュ、シャンプー後に8プッシュで頭皮全体に使用します。
アカリアップの使う順番

アカリアップで頭皮を保湿し育毛環境を整える

アカリアップは育毛剤ですが、配合成分を見てみるとまるで女性用の美容液のようです。
頭皮だって「肌」であることには変わりませんから、ケアのためにいちばん大事なのは「保湿」です。

保湿されていない頭皮は、乾燥して水分が少なく、凝り固まるため血流も少なくなります。
こんな状態で髪の毛が成長出来るはずがありません。

アカリアップは、美容液成分によって頭皮の潤いを守り、血流を増やして髪に新鮮な酸素と栄養が供給されるのを促します。

また、頭皮の保湿にはもう一つの意味もあります。
それが、皮脂の過剰分泌を防ぐこと。

頭皮が乾燥していると、身体は乾燥を防ぐために皮脂を大量に分泌します。
この皮脂が酸化して過酸化脂質となり、強烈な臭いと抜け毛の原因となるのです。

頭皮ケアは、まず保湿が第一。
アカリアップは、そのための洗浄剤兼美容液という独創的な育毛剤なのです。

アカリアップは育毛と臭いケアで頭皮の心配を解消

アカリアップは、育毛と臭いケアを同時にする事で頭皮の心配を解消してくれる育毛剤です。

一石二鳥でお得のように感じますが、そもそも臭いの原因は頭皮にこびりついた過酸化脂質であり、これを何とかしないことには育毛も始まらないのです。
つまり、アカリアップなら「育毛と臭いケアも一緒に出来るよ」というか、そもそも育毛と臭いケアは一緒にしなければいけないのです。

市販の育毛剤は、この点に着目しているものが少ないため、アカリアップはそういう点で非常に評価できると思います。
育毛についてはある程度継続しないと効果は出ないものですが、臭いケア、ベタつき・テカリケアについては一回でもかなり効果を感じられますので、ぜひアカリアップを試してみてください!

関連記事

  1. SHEEスカルプバイオリポセラムの効果が期待大すぎる!

    SHEEスカルプバイオリポセラムの効果が期待大すぎる!

  2. レキシリスブラックスカルプローションは学術都市が本気で作った育毛剤

    レキシリスブラックスカルプローションは学術都市が本気で作った育毛剤

  3. プロペテック育毛剤はコスパ最強すぎる件

    プロペテック育毛剤はコスパ最強すぎる件

error: Content is protected !!