ノンシリコンシャンプーのメリット・デメリットって?

ノンシリコンシャンプーのメリットとデメリット

ノンシリコンシャンプーというのは、ここ数年で急速に広まってきていますが、そもそもノンシリコンシャンプーのメリット・デメリットってなんでしょうか?

髪に優しいシャンプーについて詳しく知るために、ノンシリコンシャンプーについても正しく知っておきましょう!

シャンプーにシリコンを入れる理由

そもそも、シャンプーにシリコンを入れる理由から説明します。

「シリコン」というのは、石油から生成される化合物で、シャンプーや化粧品に配合される場合は「○○メチコン」などの名称となります。

シリコンには優れた「コーティング力」があり、シャンプーに配合されると髪の毛一本一本をコーティングして滑りをよくし、髪の毛のカラミやバサツキを防いでくれます。

シリコンが入ったシャンプーやトリートメントを使うことで、傷んだ髪も滑らかになったと、気軽に体感出来るのが魅力です。

シリコンによるデメリット

シリコン配合シャンプーの最大のデメリットとしてよく言われるのが「シリコンが毛穴に詰まる」というもの。

実はこれについては諸説あり、「シリコンの被膜は網目のように隙間があるので毛穴を完全に塞ぐことは無い」とする反論もあります。

しかし、シリコンの皮膜と言ってもシャンプーをしていて自然に出来るものの厚さが一定なはずはなく、また毛穴の状態もその時のコンディションによって千差万別です。
言ってしまえば「絶対に詰まらない」事も「絶対に詰まる」事もありえないでしょう。

どちらにしても「詰まることもある」のは間違いないわけで、事実、頭皮ニキビに悩まされていた人がノンシリコンシャンプーに変えたらすぐに治ったという話もよく聞きます。

また、ロングヘアーの人が背中にニキビができやすいのも、髪に使ったシリコントリートメントが背中の皮膚に付着するからだと言われています。

また、もうひとつシリコンが敬遠される理由が「環境負荷」です。
お風呂場で流した排水は下水管を通って流れていきますが、シリコンというのは下水処理場でも分解できないので、そのまま環境に垂れ流しになり自然界に蓄積します。

オーガニックの精神は環境保護にも密接に関わっているため、この点でもシリコンによるデメリットは大きいと言えます。

ノンシリコンシャンプーのデメリット

シリコンにデメリットがあるからノンシリコンにしようと言っても、ノンシリコンシャンプーにもデメリットはあります。
これはどのノンシリコンシャンプーでもある程度共通しますので、デメリットもしっかり知っておきましょう。

髪がきしみやすい

ノンシリコンシャンプー最大のデメリットは、シリコンで髪をコーティングしないために「きしみやすい」ということ。
特に、ドラッグストアでも売っているような安価なノンシリコンシャンプーは、シャンプーのたびに髪がキシキシになって使いものにならないという声もよく聞きます。

ノンシリコンシャンプーの中には花精油などの天然オイルでコーティングするため、そこまでのきしみを感じないものもありますが、最強のコーティング剤であるシリコンを使っていない以上、多少のきしみは覚悟する必要があります。

髪がバサツキやすい

髪がバサツキやすいのも、シリコンによるコーティングをしないことによるデメリット。
カラーリングや白髪染め、パーマなどによって「既に傷んでいる」髪をシャンプーする場合、シリコンによってコーティングしてしまえば、その傷みも覆い隠すことができますが、ノンシリコンシャンプーの場合はダメージがモロにでます。

しかし、これは「シリコン入りのシャンプーなら傷まない」という意味では決して無く、傷みを隠せるか隠せないかの違いでしかありません。
ノンシリコンでバサつく髪は、そもそもバサつく髪なのです。
一度ダメージを受けた髪の毛は、切るか生え変わるのを待つしか無いため、それまでの間隠すか隠さないかの違いですね。

頭皮のかゆみが出ることがある

頭皮のかゆみが出ることがあるは、市販の安価なノンシリコンシャンプーで起こりやすいデメリットです。
普通のシャンプーというのはアルコール系の強力な洗浄剤を使用している事が多く、それによって毛穴に詰まった皮脂を落とします。
その上で髪も肌もシリコンでコーティングしているので「洗浄力が強すぎる」ことのデメリットを感じにくいのですが、これを単にノンシリコンにしただけのものは、洗浄力とコーティング力のバランスが悪く、頭皮が炎症を起こしやすいです。

この点については、そもそもアルコール系の洗浄剤ではなくアミノ酸系のナチュラルで洗浄力も控えめ、しかも天然エキスによるコーティング力もあるオーガニックシャンプーなどがオススメです。

現状髪が傷んでいなければノンシリコンシャンプーのメリットが大きい

今回のまとめとして、現状、髪が傷んでいなければノンシリコンシャンプーの方がメリットが大きいと言えます。

既に傷んでいる髪の場合、シリコンでコーティングしたほうが髪も滑らかになりそれ以上の痛みを予防できる場合もあります。
究極的には、傷んだ髪は切るしかありませんが、それまでしのぐにはシリコン配合シャンプーの方が適しているでしょう。

そうでなければ、今後の髪や頭皮の健康のためにもノンシリコンシャンプーの方が負担が少なく、髪に優しいと言えます。

ノンシリコンだから良い。シリコンだからダメという訳ではなく、自分の状況にあったシャンプーを選ぶようにしてください!

関連記事

  1. 産後抜け毛と更年期の抜け毛の原因の違い

    産後抜け毛と更年期の抜け毛の原因の違い

  2. ヒートケア60低温ドライヤーは髪が傷まない?使ってみた口コミ評価

    ヒートケア60低温ドライヤーは髪が傷まない?使ってみた口コミ評価

  3. 頭皮がかゆいと抜け毛につながる

    【恐怖】頭がかゆいと抜け毛につながる

  4. 「私、湯シャンだけだけど臭くないよ」←いや臭いから

    「私、湯シャンだけだけど臭くないよ」←いや臭いから

  5. 育毛で初期脱毛が起こる理由と対処法

    育毛で初期脱毛が起こる理由と対処法

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

error: Content is protected !!